Total Treatment Centerのつぶやき「看脚下」

京都市下京区の鍼灸院が日々で感じたこと思うことを呟いているブログです。

モヤっと

2020年7月3日(金) 9時〜19時

 

おはようございます

京都府内でマダニの被害が報告されました。

https://www.kyoto-np.co.jp/articles/-/296404

季節柄、薄着や軽装での山へ行かれると思うのですが、油断大敵です。

気温変動、外来種や人の移動が便利で勘弁になり、生態系もそれに応じて変化し続けております。

今までが通用しないこともあるかと思いますので、良くも悪くも前例を参考に対処しつつ、野山へ行かれてください。

f:id:tsuji-shinkyuin:20200703083127p:image

f:id:tsuji-shinkyuin:20200703083133j:image

f:id:tsuji-shinkyuin:20200703083140j:image

にしても涼しい夜が続いております。

え?7月?と思うほどに、夜の湿度が快適。

祇園祭の時季といえば、もうそれは蒸し風呂か!というにが定番なんですけどね。

人の往来が減ったからでしょうか?

でも北部の国では高温だということもきこえてきますから、常に揺らいでいる中に生かされているなと思う。

 

雄大さんの【脇道にそれる】(春秋社)を少しずつ読み進めているが、鹿児島にある障害者支援センター「しょうぶ学園」のことが書かれている。

まだ読めていないが、ここの園長である福森伸さんの本も興味があり手元にある。

利用者の知的障害者と職員によるパーカッショングループ「otto」と職員だけで編成されたヴォイスグループの「orabu」が「otto&orabu」という名で活動している話が出てくる。(YouTubeもあるので是非→https://www.youtube.com/user/shobustyle )

中でも"打つ"という原始的な行為について尹さんはこう記している。

 

打つという原始的な行為には、正確に打つ必要も打ち方を向上させる努力も必要ない。メンバーは「ただ打つ」に徹することが最初からできる。

そんなことは簡単だと思えるだろう。だが健常者には難しい。正しい演奏の仕方があるとどこかで思っており、いざとなると想定した通りに行おうとするから作為的になり、緊張し、自然とただ行うことができなくなるからだ。だから、努めてがんばるのだが、それでは技を凝らすことはできても「ただ行う」ことから離れていく。(153項)

 

私は今、施術をする上での最大の課題としてこの「ただ行う」がある。

ご指導いただいている高橋透先生もこの本の著者である尹さんも、バランストレーナーの小関勲さんも【韓氏意拳】という中国武術(と言っていいのだろうか)をされていて、この「ただ行う、ただ観る」ということを鍛錬されている(間違ってたらすみません)。

(韓氏意拳の詳細は此方→http://hsyq-j.blogspot.com/ )

だからなのか、しょうぶ学園でのこの一コマではあるが、私が弟に抱いていたことや施術の課題が目の前に、しかも文字として現れると生涯のテーマなんだろうなと漠然と感じさせられる。

 

そしてそう感じた私に園長の福森さんの言葉が突き刺さる。

「健常者は他人に感化されてしまいますが、それはひとつの障害と言えるんじゃないでしょうか。他人からの感化を受けさせようとするのが教育だとしたら奇妙な話です」

「"どうせ自己満足だろ"という言い方があるけれど、どうせじゃない。自己満足ありきで、次に他者はどう思うかが大事。他者に評価されてから自己満足を得ようとするような逆向きをみんな普通にしている」

自立と依存が共存している。

自立は依存できることであるという言葉を、ここ数年で本や人と出逢った。

何かをしようとした時、それは内側からの発露なのか、外側から受けての内側から発露に感じているだけなのか、というところが私にはとても大きな学びの始まりになっている。

 

だからこの「ただ行う」ことがいかにできなくなっているか、日々の施術で感じている。

そりゃ私だって落ち込む日もありますよ。

でもこれは落ち込んだって始まらん。

ただ行うのみ。

意図するんだけどその意図通りにするでもさせるでもない…う〜ん、これ以上言葉にできないモヤモヤがあるので、ここでおしまい。

 

それでは、本日も反省と学びを反芻しながら始動!

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

講座のお知らせ

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

Total Treatment Center

京都市下京区若宮町477-1

075−205−2618

 

2020年

7月4日(土) 9時〜19時

7月5日(日) 休診

7月6日(月) 9時〜19時

7月7日(火) 9時〜19時

7月8日(水) 9時〜19時

7月9日(木) 9時〜17時

7月10日(金) 9時〜19時

7月11日(土) 9時〜19時

7月12日(日) 休診

7月13日(月) 9時〜19時

7月14日(火) 9時〜19時

7月15日(水) 9時〜19時

7月16日(木) 9時〜19時

7月17日(金) 9時〜19時

7月18日(土) 休診【研修の為】

7月19日(日) 休診【研修の為】

7月20日(月) 9時〜19時

7月21日(火) 9時〜19時

7月22日(水) 9時〜19時

7月23日(木・海の日) 10時〜15時

7月24日(金・スポーツの日) 10時〜15時

7月25日(土) 9時〜19時

7月26日(日) 休診

7月27日(月) 9時〜19時

7月28日(火) 9時〜19時

7月29日(水) 9時〜19時

7月30日(木) 9時〜19時

7月31日(金) 9時〜19時

 

8月1日(土) 9時〜19時

8月2日(日) 休診

8月3日(月) 9時〜19時

8月4日(火) 9時〜19時

8月5日(水) 9時〜19時

8月6日(木) 9時〜19時

8月7日(金) 9時〜19時

8月8日(土) 9時〜19時

8月9日(日) 休診

8月10日(月) 9時〜19時

8月11日(火) 9時〜19時

8月12日(水) 9時〜19時

8月13日(木) 9時〜19時

8月14日(金) 9時〜19時

8月15日(土) 9時〜19時

8月16日(日) 休診

8月17日(月) 9時〜19時

8月18日(火) 9時〜19時

8月19日(水) 9時〜19時

8月20日(木) 9時〜19時

8月21日(金) 9時〜11時【研修の為】

8月22日(土) 休診【研修の為】

8月23日(日) 休診【研修の為】

8月24日(月) 9時〜19時

8月25日(火) 9時〜19時

8月26日(水) 9時〜19時

8月27日(木) 9時〜19時

8月28日(金) 9時〜19時

8月29日(土) 9時〜19時

8月30日(日) 休診

8月31日(月) 9時〜19時